楓繪は、グラフィックデザイナー・アートディレクターの松石博幸、カリグラファー・カリグラフィーインストラクターの松石樹泉、 ウェブディレクター・コピーライターの松石裕次の3名で構成するクリエイターチームです。 私たちの作品や活動などの情報を発信するとともに、楓繪に参画いただいたクリエイター/アーティストをご紹介し、 作品をPRしていく目的で「クリエイターズショップ楓繪」を開設しました。

西尾 真紀 Maki Nishio

福岡県太宰府市出身。10歳から書を習い始め、県立太宰府高等学校芸術科書道コースへ進学し徹底的に書道を学ぶ。 2002年より書道家としてロゴや広告制作をはじめ広範囲で活動。 代表作は九州国立博物館シンボルマーク、柳川市観光ポスター、伊都菜彩や小麦冶等のロゴなど他多数。 2015年東京にて初個展。フランス、メキシコ、カンボジア等で書パフォーマンス披露。

松石 樹泉 Jusen Matsuishi

1977年福岡県福岡市生まれ。6歳から書道を始め、高校、大学と書道を専攻。 福岡市内の百貨店に筆耕として勤務する傍ら、書道教室を運営、書道のイベント、ペン字講座などを開催する。 2016年3月、百貨店を退社。現在、松石博幸デザイン事務所に所属しながら、書道講師、筆文字制作等書活動を続けている。 西日本書美術協会 委嘱作家、西日本新聞書道会 成家、文部省認定硬筆書写検定1級。 第45回西日本書美術展準大賞。

松石 博幸 Hiroyuki Matsuishi

1965年福岡県生まれ。1988年九州産業大学芸術学部デザイン学科を卒業後、デザイン会社勤務を経て、2004年松石博幸デザイン事務所を設立。ブランドマーク設計、パッケージ、広告のデザインなど主事業。 16年ほど前より毎年環境問題などをテーマにしたオリジナルのポスター作品を発表。Graphis Poster Annual 2021(アメリカ)金賞受賞、BIO16展(スロベニア)グループ出品・金賞とICOGRADA特別賞受賞、台湾国際グラフィックデザインアワード2015審査員特別賞、テヘラン国際ポスタービエンナーレ2位、中国国際ポスタービエンナーレ銀賞と銅賞、A' Design Award 2018-2019(イタリア) Iron賞受賞、Graphis Poster Annual(アメリカ)2016と2017 Merit Winners、日本タイポグラフィ年鑑05ベストワーク賞ほか…多くの国内外コンペで受賞。作品は世界の美術館やギャラリー32カ所にコレクションされている。また国際的な展覧会(ドイツ/デンマーク/ポーランド/ウクライナ/ロシア/アメリカ/イラン/中国/韓国/台湾、他)にも数多く招待出品されている。 特定非営利活動法人日本タイポグラフィ協会 会員。

杉本 圭 Kei Sugimoto

1975年福岡生まれ福岡育ち。福岡の出版社に8年勤務しレジャー情報誌の編集、デザイン、営業を経験する。2007年出版社を退職後、デジタルハリウッド福岡校でWebを学ぶ。デジタルハリウッド福岡校卒業後、フリーランスカメラマンとして独立。温泉ソムリエの資格を持ち「温泉カメラマン」として特化し全国の温泉旅館をメーンに活動する。[主な掲載誌] JAL機内誌「skyward」、新幹線車内誌「トランヴェール」、文藝春秋「CREA」、CCCメディアハウス「Pen」、講談社「FRaU」、集英社「MyAGE」、交通新聞社「旅の手帖」、自遊人「自遊人」など。[主な実績]九州観光推進機構「九州観光写真素材集構築事業」、外務省「東ティモール温泉開発プロジェクト」、秋田県乳頭温泉郷オフィシャルカメラマン、熊本県わいた温泉郷オフィシャルカメラマン、NHK BSプレミアム「ぜんぶ、温泉。」出演。

モノクロ印刷